利尻ヘアカラートリートメントのレビュー 白髪がしっかり色付くのに使い心地おだやか

白髪染めのダメージが気になる方に人気の高い、ヘアカラートリートメント。

私自身も普段からヘナか、場合によってはヘアカラートリートメントを使用するようにしており、その使いやすさからまわりにもおすすめしています。

ヘナのように特有のにおいがないので、「明日は出かけるからヘナはやめておこう」…なんて、使うのに気を使う必要がないんですよね。

ヘアカラートリートメントはいろいろ使いましたが、その中でも特に気に入っているのが、自然派clubサスティさんが販売する「利尻ヘアカラートリートメント」。

毎日でも使えるくらい、使い心地が穏やかなんです。
また白髪がしっかりと色づくのに、白髪染めのように髪を傷めません。

というわけで今回は、利尻ヘアカラートリートメントの特徴や使用感について、詳しくご紹介していきたいと思います。



利尻ヘアカラートリートメントの特徴は?

一般的に使われている白髪染めには、髪や頭皮に負担がかかりやすい成分が沢山含まれています。

最初は白髪染めで染めていたけれど、髪がパサパサしたり、頭皮がヒリヒリするような感じがして 続けて良いものか迷っているという方、少なくないのではないでしょうか?

でも染めなければ白髪は目立ってしまいますし、そのまま放っておくにもいかず、止めたくても止める勇気がでないんですよね。

そんな方におすすめしたいのが、今回ご紹介している利尻ヘアカラートリートメントです。
【利尻ヘアカラートリートメントの特徴】

・負担がかかりやすい成分は不使用
・様々なカラー成分の採用で白髪がしっかりと色づく
・髪のトリートメントとしても優秀
詳しく解説していきます。
以下をご覧ください。

負担がかかりやすい成分は不使用

利尻ヘアカラートリートメントは、白髪を着色して目立たなくすることができますが、 そうでありながら白髪染めように刺激性の高い成分を含んでいません。

白髪染めではおなじみのジアミンをはじめ、タール系色素やパラベン、シリコン、 酸化剤、鉱物油、さらには香料さえも使われていない無添加処方を採用しています。

使用感の穏やさは、毎日使っても問題がないくらいです。

しっかり白髪が隠れる

ヘアカラートリートメントは染まりが悪いとも聞きます。 いくら負担がなくとも、白髪がきちんと染まらないのなら使う意味はありません。

実際、ヘアカラートリートメントの中にはちょっと色づきが悪いかな…?と思えるような製品も存在するのですよね。

その点、利尻ヘアカラートリートメントには、イオンカラーやナノ分子カラーに加え、 天然由来の植物色素など複数のカラー成分が配合されており、 白髪への色の付きかたに関しては問題ありません

他のヘアカラートリートメントと同様、 髪質によっては色が付きにくい場合がありますが、そんな方であっても数回使用すれば、 最終的には白髪があるのが全くわからなくなります。

一度色がしっかりとついたら、7~10日程度に1回使うくらいの頻度で、髪色を保つことができるんです。

トリートメントとしても優秀

名称にトリートメントと付くことからも分かるように、 利尻ヘアカラートリートメントには数多くの美髪成分…例えば利尻昆布の保湿・保水成分であったり、 植物由来の潤い成分や、髪の補修目的で使われることの多いアミノ酸成分などが配合されています。

トリートメントとして使っても良いのでは?と思えるくらいの使い心地です。

もちろん、お風呂で利尻ヘアカラートリートメントを使ったあとには、リンスやトリートメントを使う必要はありません。



利尻ヘアカラートリートメントを使ってみた

実際に、利尻ヘアカラートリートメントを使ってみました。
利尻ヘアカラートリートメント。
グリーンカラーが特徴的な、やや小ぶりのボトルです。

1本の容量200gとやや少なく思えるかもしれませんが、実際に使ってみると思ったよりも沢山入っているという印象です。

容器の口はこんな感じ。
そこそこ大きく、ヘアカラートリートメントを出しやすいです。

手のひらに出してみました。

私が使っているのはダークブラウンカラーですが、ほかにもやや明るめのライトブラウンやナチュラルブラウン、 そして真っ黒なブラックカラーが選べます。

髪の色にもよりますが、ダークブラウンくらいの色味が一番使いやすいのではないかな?と思います。

ちなみに、ヘアカラートリートメントは髪の表面に色を付けるタイプのカラー剤であるため、 黒髪の色を明るくすることはできません。

なので、自分の髪色に近い色を選ぶようにしてください。


なお、上の写真では素手でヘアカラートリートメントを扱っていますが、素手でも害はないものの、手に色がついてしまいます。

素手で使うと手や爪に色がつきます。
石けんで洗えば大半は落ちますが、爪の間に色素が詰まってしまうと中々落ちず、見た目不潔な感じになってしまうので、できればゴム手袋などをはめて使いましょう。


白髪に色がちゃんとつくのかという点については、 初めて使う場合や、髪が硬い場合、1回で色がきちんとつかないかもしれません。

が、数回使えば色が濃くなってくるのを実感できると思います。
個人差はありますが、一度色がしっかりと付けば7日~10日程度に1回の利用で大丈夫でしょう。

置き時間をやや長めにすることで(通常は約10分)色が付きやすくなるので、 髪質的にもともと染まりづらい方は、ヘアカラートリートメントを塗布してから長めに置くようにしましょう。

同梱されている説明書にも、そういったことがわかりやすく書かれていますので、 そちらを参考にするとわかりやすいです。



初回のみ、キャンペーンで割引価格で買えます

利尻ヘアカラートリートメントにはサンプルは用意されていませんが、 現在(記事作成時点)実施されているキャンペーンを利用すれば、初回のみ割引価格で買うことができます。

それなら、気軽に試せますよね。
私自身も最初はキャンペーンを利用して試しました。
・1本購入・・通常の製品価格(税別)から1000円オフ

・2本以上の購入・・1000円オフ、初回送料無料、限定特典が付属
注意点としては、キャンペーンの適用は同一世帯で1回限りとなるため、 例えば妻と夫とで1本ずつ別々に購入したとしても、割引は片方にしか適用されません。

あまりないとは思いますが、ご家族それぞれで購入される場合はご注意ください。






Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報