月1回の白髪染めでは白髪が目立ってしまう・・どうすれば?

白髪が少ないうちは、月に1度の白髪染めでも十分に隠すことができますが、 白髪が増えてくると根本の白いものが目立ちやすくなるため、頻繁に白髪染めを使わなくては白髪を隠せなくなります。

これ、ある程度の年齢になると多くの方が気にされることです。

まだちらほらと白髪が見える程度の状態では、根元に少々白いものが見えていたとしても、よく見ないと白髪があると気づかれることはないのですよね。

ただ束になって白髪が生えてくるようになると、根本にほんの1ミリの白髪があるだけでも周りに気づかれやすくなります。

しかし、白髪染めを使ってから1週間もすれば1ミリくらいの白髪は余裕ではえていますから、 その白髪を隠そうと思うのなら、月に2~3回は白髪染めを利用しなくてはならないことになります。

それって、正直言って現実的ではないですよね。
もしその頻度で利用したとしたら、髪が白髪染めの薬剤でものすごく傷んでしまいますし、頭皮へのダメージも気になります。

美容室で施術してもらえば傷みは少ないですが、お金がかかってしまうというジレンマも。 とは言え、1ヶ月に1度の白髪染めでは白髪があることが周りに分かってしまいます。

一体どうすれば良いのでしょうか。



市販の白髪染めなら頻回に利用しても安い でも・・・

ドラッグストアなどで販売されている、市販の白髪染めを購入してきて利用すれば、多少頻繁に白髪を染めてもコストは抑えられます。

ただ、市販の白髪染めはどのような髪質の方でも染まるように、薬剤が強めの配合となっているため、 頻繁な利用は髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

特に市販品で人気の高い泡タイプの白髪染めなどは、染めるのに慣れていない方でも利用しやすいですが、 液状の白髪染めよりもさらに傷みやすいです。

髪や頭皮の傷みを抑えながら、そのような市販の白髪染めを利用するというのなら、使っても月に1回まで、 そして日々のトリートメント徹底することですが、月に1回の染めだと白髪の根元が目立ってきてしまうため、白髪を隠すことができません。

完璧に白髪を隠したいのなら最低でも月に2回は利用する必要があると思いますが、その頻度で利用すると髪が傷んでしまう…なんて堂々巡りです。

傷みを気にしないのなら、市販品でもよいと思いますが、 それはちょっとというのなら、他の方法を探す必要があります。



根元だけ白髪隠しを利用する

月に1回、髪全体を染めるようにし、根元に生えてきた白髪は白髪隠しでフォローするようにしてみてはいかがでしょうか。

白髪隠しとは、いわゆるパウダータイプやスティックタイプのカラーリング製品です。 白髪の目立つ根元部分に付着させるだけで、白髪があっという間に目立たなくなります。

塗るのにはコツがいりますが、一時的に白髪を隠すのにはとても便利なアイテムだと思います。

白髪隠しには大きく分けて、使うごとに徐々に色を付けるタイプの製品と、シャンプーで完全に洗い流せるタイプの製品が存在します。

隠すついでに白髪に色もつけたい、というのなら前者の製品を、 使うごとに完全に落としてしまいたいのなら後者の製品を選ぶと良いでしょう。



いっそのこと白髪染めではなく、ヘアカラートリートメントを利用する

白髪染めを毎月1回行うのではなく、いっそのことヘアカラートリートメントに移行してしまうというのはどうでしょうか?

ある程度の年代になって、白髪染めのダメージが気になった末にこの方法をとっている方は結構多いです。

白髪染めだと月に2回も3回の利用するのはためらってしまいますが、ヘアカラートリートメントであれば回数を気にせず利用できます。

白髪染めには、ジアミンと呼ばれる染料を始めとする刺激の強い成分が含まれています。

その成分によってしっかりと髪を染めることができるのですが、同時に髪や頭皮にもダメージを与えてしまう両刃の剣だといえる成分です。

一方で、ヘアカラートリートメントには、ジアミン系の染料は使われていません。 またヘアカラートリートメントは、白髪染めによるダメージを気にして利用される方が多いためか、その他の成分にもこだわりがあるものが多いです。

もちろん、ジアミン含まないから安心だというわけではありませんが、 白髪染めを月に2回も3回も使ったら傷んでしまう…という悩みからは解放されます。

そのかわり、ヘアカラートリートメントは最初は色が入りにくく、 また普通の白髪染めのように色の持ちもよくないのですが、面倒だという欠点はあるものの、 頻繁に使えるのであれば白髪は隠すことができると思います。

継続のためのコストも、美容室で白髪染めを施術してもらいに行くことに比べれば、全然安くすみます。

ただ、ヘアカラートリートメントといってもさまざまな製品が存在しており、なかには色がつきにくい製品も存在します。

また同じ製品でも、個人の髪質の関係で色がつきにくい人、付きやすい人がいることも確かです。 実際に利用してみなければ、ちゃんと白髪が隠れるくらい色づいてくれるのかどうかは分かりません。

ただ、ある程度有名であり長く販売されている製品であれば、多分問題はないでしょう。

効果のない製品はユーザは買わなくなりますから、早くに消える可能性が高いです。 一方で長く続いているということは、それだけユーザーに支持されているということですから、そういった点を購入の目安にすると良いでしょう。



おすすめ!ヘアカラートリートメントのレビュー

利尻ヘアカラートリートメントのレビュー 白髪がしっかり色付くのに使い心地おだやか

利尻ヘアカラートリートメントのレビューを掲載。使い心地おだやかで嫌な臭いもあり…

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントは染まる?

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントを詳しく解説。白髪、ヘアケア、スカルプケア、エイジン…


関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報