白髪染めを繰り返すことで白髪が増えるというのは本当でしょうか?

白髪染めを繰り返すと、白髪が増える。
なんて話、一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

白髪染めというと、白髪がちらほら見えだす30代後半から40代以降くらいから、利用しはじめるというパターンが多いようです。

数本程度の白髪ならまだしも、白髪が目立ってくるようになると一気に老けて見えますから、 放っておくという方は稀です。

しかし、白髪染めで白髪が増えてしまうとあっては、怖くて白髪を染めることはできません。 白髪染めを繰り返すと、白髪が増えるというのは本当なのでしょうか。



白髪染めでは白髪は増えない

基本的に、白髪染めで白髪が増えることはありません。
多くの美容師さんもそうおっしゃっている方が多いですし、白髪染めで白髪が増えるのなら、 似たような成分を含むヘアカラーを何度も繰り返している若い方は、白髪だらけになってしまいます。

もちろん、若い頃から白髪が生えている方はいますが、それは白髪染めやヘアカラーの施術の有無ではなく、 体質や遺伝なのによるものが大きいと言えるでしょう。

白髪染めをして白髪が急に増えたように感じるのは、ちょうど急激に白髪が増える年齢であるというのが大きな理由であって、 白髪染めをしたから、急に白髪が増えたわけではないと思います。



白髪染めを繰り返すことで白髪が増える可能はある

白髪染めで白髪が増えたように感じるのは、ちょうど白髪が増える年齢だから。
これは一理あると思いますが、それでも白髪染めを繰り返すことで白髪が急に増えたように感じる方は少なくないようです。

白髪染めやヘアカラーが、直接白髪を増やすことはありません。

しかし、白髪染めやヘアカラーなどの2剤式と呼ばれるカラーリング剤には、過酸化水素(酸化剤)と呼ばれる成分が含まれており、 その成分を含む白髪染めを使い続けることが、白髪を増やす原因になるという説があります。

2剤式の白髪染めやヘアカラーでは、アルカリ剤と過酸化水素、酸化染料を混ぜ合わせたものを髪に塗布することで、 白髪の内部に染料を浸透させて白髪を染めます。

髪を染める過程で、過酸化水素が黒髪に含まれるメラニン色素を分解し、脱色する働きもあります。

もちろん、頭皮や毛根のメラノサイトに強いダメージを与えてしまうことは想像に難くありませんし、 強いダメージによって老化が促進される可能性があります。

加えて過酸化水素は、黒髪の元であるメラニン色素を作るのに必要なチロシナーゼを破壊してしまいます。

白髪染めで白髪が増えると言ってしまうのは少々乱暴であるように思いますが、 過酸化水素が含まれる白髪染めを使い続けることによって、白髪を増やしてしまうというのは十分にありえるでしょう。

過酸化水素は活性酵素の1つであり、白髪染めやヘアカラーを利用するしない以前に体内でも発生しているのですが、 通常は酵素によって分解されてしまいます。

特に若い方は、過酸化水素(活性酸素)を分解する酵素を十分に生成できるため、 ヘアカラーを繰り返しても過酸化水素は蓄積されず、それが白髪の原因になってしまう可能性はあまりありません。

しかし、加齢に伴って分解酵素の生成量が衰えてくると、 白髪染めによる過酸化水素の分解にまで手が回らなくなってしまうため、白髪の増加が加速してしまうというわけです。

先にも書いたように、白髪染めをすると白髪が増える気がするのは、ちょうど白髪が増える年齢だからということもあり、 白髪染めをしなくても、白髪が増える可能性は高いです。

ですが、白髪染めによってそのスピードを早める可能性があるというのも間違いではないでしょう。

特に白髪染めは、おしゃれなどで行うヘアカラーとは異なり、白髪が生えてきたらまたすぐに染める方がほとんど。 使用頻度が高いため、余計にダメージが蓄積しやすいといえます。

白髪染めを一度使ったからといって、白髪が急に増えてしまうというわけではありませんが、 白髪の増加を緩やかに抑えたいのなら、長期にわたって白髪染めを使い続けるというのは止めた方が良いでしょう。

なお、今回は白髪染めの話をメインにしていますが、黒髪を染めるヘアカラーにも過酸化水素をはじめとする刺激の強い成分が含まれます。

ヘアカラーを頻繁にする…なんて若い方は、要注意です。
今はまだ白髪はないかもしれませんが、頭皮や髪の老化を早め、将来の白髪の原因になるかもしれません。

ヘアカラーをしなかったからといって、白髪を予防できるとは限りませんが、 白髪が目立ちはじめる年齢になって後悔しないためにも、できるだけ負担の小さいカラーリング製品の利用を心がけたほうが良いと思われます。



それでも白髪を染めたい、隠したい方は

これまでにも述べた通り、白髪染めは白髪の増加を早める可能性があります。
しかし、そうはいっても白髪があると老けて見えますから、白髪染めをやめようと思う人は居ないでしょう。

でも、白髪がこれ以上増えるのは怖い。
一体どうしたらよいのでしょうか?

白髪染めによる害が気になる、しかし白髪は隠したい…なんて方には、過酸化水素やジアミンなどの刺激の強い成分を含まない、 ヘアカラートリートメントシャンプーなどの製品がおすすめです。

ヘアカラートリートメントやシャンプーは、酸化染料のみで髪を染めていくため、2剤式の白髪染めな比べると色の入り方が悪く、また色持ちもよくありません。

ですので、白髪を目立たない状態を維持するのなら頻繁に使用する必要があるのですが、 2剤式の白髪染めやヘアカラーのようなダメージがないため、頻繁な利用も問題ありません。

色付きが悪いとはいっても、きちんと定期的に利用していれば白髪はしっかりと隠せますし、 ヘアカラートリートメントは、白髪を着色するための染毛料の他にトリートメント成分が配合されている製品も多く、仕上がりが良いという点も魅力です。

今後も長く白髪を染めていくというのなら、髪や頭皮に大きなダメージを与える白髪染めなどではなく、 ヘアカラートリートメントなどの使い心地の優しい製品がお勧めです。



おすすめ!ヘアカラートリートメントのレビュー

利尻ヘアカラートリートメントのレビュー 白髪がしっかり色付くのに使い心地おだやか

利尻ヘアカラートリートメントのレビューを掲載。使い心地おだやかで嫌な臭いもあり…

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントは染まる?

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントを詳しく解説。白髪、ヘアケア、スカルプケア、エイジン…


関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報