10代の若白髪 その対処法は?

多くの場合、白髪が生えてきたことを自覚し始めるのは30代から40代にかけてだと思います。

しかし、中には小学生や10代の学生さんであっても、白髪が目立つ方はいます。
外見が気になる年頃だけあり、白髪が多いととても気になってしまうと思いますが、小学生や10代の若い方の白髪染めの利用ってどうなのでしょうか?



若いころからの白髪染め 将来的なダメージの蓄積が気になる

10代の子供でも、ヘアカラーなどで髪を茶色くしている方はいますから、白髪染めを利用してはダメということはないでしょう。

むしろ、白髪が多いことで積極的になれなかったり悩んだりするのなら、さっさと染めてしまったほうが精神衛生上良いという考え方もあります。

しかし、白髪が多い子供さんをお持ちの方は、そんなに若い頃から白髪染めを利用させることに抵抗があるのではないでしょうか?

白髪染めを頻繁に利用することで、さらに白髪を増やしてしまうという話もありますし、 白髪はずっと染めていかなくてはなりませんから、若い頃から染めはじめることによる、将来的なダメージの蓄積も気になります。

最終的には、本人の判断に任せるしかないと思いますが、白髪染め以外の対処法があるのなら、それに越したことはありません。



白髪が少ない場合はカットする

白髪の量がまだそれほど多くないのなら、根本からカットしてしまうという手もあります。

髪型にもよりますが、目立つ白髪だけカットしてしまえば、案外目立たないものです。 といっても自分で切るのは難しいでしょうから、ご家族の誰かが定期的にカットしてあげるとよいでしょう。

白髪は抜くのが手っ取り早いという声もありますが、毛を抜くのは毛根にとってとても良くないため、出来るだけ抜かない方が良いです。

カットするよりも、抜いた方が白髪が目立たなくなる期間は長くなりますが、 何度も抜くことによる毛根へのダメージが気になります。

繰り返すことで最悪抜け毛となってしまい、髪が生えてこなくなったり、毛根へのダメージがさらに白髪を増やす原因となってしまうかもしれません。 、

面倒でも、抜かずに根元からカットするようにしてください。



ヘアカラートリートメントを利用する

白髪染めで染めるのではなく、ジアミンなどのきつい成分を含まないヘアカラートリートメントやシャンプーを利用してはどうでしょうか。

通常の白髪染めに比べると、白髪への色付きや色持ちは悪いですが、定期的に染めることによる髪や頭皮へのダメージを考えるのなら、 白髪染めよりもヘアカラートリートメントを利用したほうが安心です。

毎日の入浴でのトリートメントで、自然に白髪を目立たなくできるという点も魅力だと思います。

ただ、欠点もあります。

学生さんだと、体育の時間に運動してたくさん汗をかいたり、プールで髪を濡らす機会もあると思いますが、 ヘアカラートリートメントで色を付けた髪が水に濡れると、髪に付着した染毛料が落ち、色水が流れたり、流れた色水によって衣服を汚してしまうかもしれません。

気にしないのならともかく、染めていることを友達に知られてしまい、嫌な思いをする可能性もあります。

ダメージを考えると、刺激のある成分を含まないヘアカラートリートメントやシャンプーなどの製品は悪くない選択ですが、 ライフスタイルによっては、色落ちしやすいカラーリング製品は利用しにくいと思います。



白髪染めで部分的に染める

白髪の量がそれほど多くないのなら、部分的に白髪染めを利用するという手もあります。 白髪をカットするには量が多すぎる、またヘアカラートリートメントなどが利用できないのであれば、この方法がベストです。

薬剤が付着する範囲が広くないため、髪や頭皮のダメージを最小限に抑えられます。

ただ、白髪が生えている箇所によっては素人が行うのは難しいため、美容室でプロに施術してもらったほうが安心です。

対応してくれるかどうかは美容室にもよりますが、例えば顔周りの白髪のみを染めてもらったり、できるだけ薬剤が頭皮につかないよう白髪のみを染めてもらうことも可能。

その辺りは美容師さんに相談すれば、柔軟に応じてもらえるお店が多いと思います。

毎回美容室に行くのが大変なら、市販の白髪染めを使って家族にやってもらうと良いでしょう。

美容師さんにやってもらうほどうまくはいかない可能性がありますが、頭頂部に生えている少量の白髪であれば、 白髪染めを使うのはそれほど難しくはないと思います。

なお、市販の白髪染めを利用する際は、利用前に必ずパッチテストを行うようにしてください。もし異常があらわれた場合は、白髪染めは利用できません。



以上となります。

若白髪、白髪染めなどで簡単に目立たなくしたいところですが、 白髪を気にする限りは、この先もずっと何らかの対処をしていかなくてはなりません。

できるだけダメージを抑えた方法で、白髪を目立たなくすることを考えましょう。



おすすめ!ヘアカラートリートメントのレビュー

利尻ヘアカラートリートメントのレビュー 白髪がしっかり色付くのに使い心地おだやか

利尻ヘアカラートリートメントのレビューを掲載。使い心地おだやかで嫌な臭いもあり…

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントは染まる?

マイナチュレ 白髪用カラートリートメントを詳しく解説。白髪、ヘアケア、スカルプケア、エイジン…


関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報