白髪用ヘアカラートリートメントを使うメリットと、おすすめの製品をご紹介

白髪が目立ってきた、でも髪や地肌を傷める白髪染めは使いたくない。 そんな方におすすめなのが、ジアミンなどのきつい薬剤を使わないヘアマニキュアやヘアカラートリートメント。

いわゆる、化粧品に分類される染毛料です。

染毛料は色付きが悪いというイメージがありますが、最近はそういった色付きの悪さも改善され、 簡単に仕上げられる製品が増えました。

また製品のタイプも、シャンプー、トリートメント、ヘアマニキュアなど非常に充実しており、 自分のライフスタイルに合わせた使い方ができるようになっています。

その中でも特に、仕上がりの良さでお勧めなのがヘアカラートリートメントです。
染毛料の中でも特に種類が多く、なにより白髪の色づきが早いため、これまでに白髪を染めたことがないという方にもおすすめ。

価格が手ごろで続けやすいという点も魅力です。




ヘアカラートリートメントの長所は?

ヘアカラートリートメントの長所は、何といってもその種類の豊富さだといえるでしょう。 大半の製品はお風呂で利用できるため、周りを汚す心配がありません。
【ヘアカラートリートメントの長所】

・シャンプータイプよりも色が入りやすい
・トリートメント効果が得られる
・素手で使える
・価格が安い
長所について、詳しくみてみましょう。

シャンプータイプよりも色が入りやすい

お風呂で使えるカラーリング製品には、シャンプータイプも存在しますが、 ヘアカラートリートメントは、シャンプーよりも早く白髪に色が入りやすいという特徴があります。

といっても1回で完全に白髪がわからなくなるわけではありませんが、できるだけ早く白髪を目立たなくしたいという方には、 ヘアカラートリートメントの方が適していると言えるでしょう。

トリートメント効果

トリートメント効果が得られるという点もヘアカラートリートメントの長所です。

大抵のヘアカラートリートメントには、白髪を着色する染毛料の他、いくつかのトリートメント成分を配合されており、 白髪に色を付けるだけではなく、手触り良く仕上げてくれます。

通常のトリートメントと、同じような使い心地だと考えると良いでしょう。

素手で使える

普通、白髪染めって手袋などを付けて使いますが、大半のヘアカラートリートメントは素手で使えるくらい優しい処方となっています。

製品により含まれる成分が異なるため、一概に大丈夫だとは言えませんが、ほとんどの製品には刺激のあるきつい成分が使用されていないため、 素手で触っても問題ありませんし、実際に素手で使えることを謳った製品は少なくありません

成分によっては、爪などがうっすら染まってしまうことがあるため、個人的には沢山量を使う場合にはビニール手袋などを使用した方が良いと思いますが、 根元の白髪だけリタッチしたい…なんてときに、手でささっと塗ることができるのはとても手軽です。

何より価格が安いこと、また種類や色が豊富に提供されており、 好みのタイプを選択しやすいところも良いですね。

価格が安い

製品によって価格は異なりますが、美容室などで白髪染めをするよりも、ヘアカラートリートメントの方がコストを抑えられることがほとんどです。

白髪染めは髪が傷みます。
ので、トリートメントなどを合わせて行うことが多く、余計にコストがかかってしまうのです。

日常的にも、髪の傷みを抑えるために高価なトリートメントを使用していらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

しかし、ヘアカラートリートメントなら白髪を目立たなくしながら、トリートメントも同時に行えてしまいます。

頻繁に使う必要がありますが、 それでも白髪染めを定期的に行うより、コストはかかりません。



ヘアカラートリートメントに短所はある?

良いところが沢山あるヘアカラートリートメントですが、もちろん短所もあります。
【ヘアカラートリートメントの短所】

・白髪染めのように1回で白髪に色がつかないことがある
・色落ちがややはやい
ヘアカラートリートメントは、普通の白髪染めに比べると白髪の色づき方が弱いため、 1回の利用では白髪を隠せるほど色がつかない事があります。

繰り返して使えばちゃんと色づく事がほとんどですが、マック色が付いていない真っ白な白髪に利用する場合は、数日かかるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

あと、色落ちも白髪染めより早いです。

1週間~10日くらいの周期で利用していれば白髪は隠れますが、頻繁に使わなくてはならない分、白髪染めに比べるとやや手間がかかります。



結論:白髪ケアでは「ヘアカラートリートメント」が一番使いやすい

白髪のケアを行う製品にもいろいろありますが、 髪や頭皮に易しい使い心地の製品の中では、ヘアカラートリートメントが一番手軽でつかいやすいです。

私自身もシャンプー、ヘアマニキュア、ヘナなどいろいろ使いましたが、 コスト面、染まりやすさ、使い方などを考慮した場合、ヘアカラートリートメントが一番という結論に落ち着いています。

どれを使えばよいのかわからないという場合は、 ヘアカラートリートメントを選んでおけば間違いありません。



ヘアカラートリートメント おすすめの製品は?

ヘアカラートリートメントは、非常に種類が多いです。
たくさんあり過ぎて、何を選んだら良いかわからないという方も少なくないでしょう。

ここでは、ヘアカラートリートメントの中でも特に人気の高い製品、成分にこだわった製品をご紹介いたします。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、 ジアミンやパラベン、酸化剤、鉱物油などを一切使用しない、無添加のヘアカラートリートメント。

サスティが販売する、利尻ヘアカラーシリーズの製品です。
人気製品であるため、名前を聞いたことがあるという方も少なくはないでしょう。

ヘアマニキュアに分類される製品で、白髪の表面を少しづつ着色していきます。

白髪を着色する天然由来の染毛料の他、利尻昆布をはじめとする植物由来のトリートメント成分が配合されており、 仕上がりが良いのが特長。2017年1月現在、4カラーがラインアップされており、髪色にあった色を選べます。

同シリーズのシャンプーも販売されていますが、ヘアカラートリートメントの方が色づきやすくおすすめ。 髪が太く白髪に色が入りにくいという方は、ダブル使いしても良いと思います。

本製品の利用が初めての方のみ、割引価格での購入が可能と、とりあえず使ってみたいなんて方にも試しやすいです。

ちなみに、当サイト管理人も使用しています。(利尻ヘアカラートリートメントのレビューはこちら


マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

育毛シリーズで有名なマイナチュレが販売する、オールインワン・カラートリートメント。

白髪ケアだけではなく、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが行えるという、オールインワンの白髪ケア製品です。

合成香料やシリコン、鉱物油、パラベン、ジアミン系染料、 紫外線吸収剤、サルフェート、法定タール色素のような、肌に負担がかかる成分は無添加。

植物由来の原料を製品の94%に使用し、合成成分を排除しています。

アレルギーテストや スティンギングテスト(敏感肌の方の肌の感受性テスト)など、厳しいテストをクリアしているため、 肌があまり強くない方にも向いています。

初回のみとなりますが、定期コースの2本セットを申し込むと1本が無料、送料無料、さらには30日間返金保証がつきます。

定期コースというとハードルが高そうな感じがしますが、 続けるのなら絶対にお得であるため、マイナチュレでは9割以上の方が利用しているんです。

発送予定日の7日前に連絡すれば、いつでも解約できること、また合わなかったとしても返金保証があるので安心です。

▼製品ページはこちら

「2本定期コース」のお申込みで初回のみ1本無料になります


レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

刺激の強い化学成分を一切使用しない、素手でも利用できるヘアカラートリートメント。 染毛料に天然クチナシ色素を配合し、使うごとに白髪を目立たなくします。

10種の天然成分に加え、ドイツファンゴと呼ばれる泥をはじめとする7種のヘッドスパ成分を配合するなど、 まさにヘッドスパクリームのような製品です。

白髪染めを彷彿とさせない、明るい色味のボトルも良いですね。

カラーは全5色。
異なるカラーを色混ぜして利用することも可能です。

定期コースだと若干安くなるため、継続するつもりなら定期コースがおすすめです。



以上となります。
色々なタイプの製品を試し、結局ヘアカラートリートメントに落ち着くという方は多いです。

価格面、使いやすさの面で、白髪染めビギナーさんにもおすすめ。

なお、きつい白髪染めとは異なり、基本的に染毛料に分類されるヘアカラートリートメントはパッチテスト不要とされていますが、 人によっては成分が肌に合わない可能性があるため、肌が弱い方、アレルギー体質の方はパッチテストの実施をおすすめします。




Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報