白髪用シャンプーの長所・短所と使い方のコツ、おすすめの製品をご紹介

白髪を染めるのは、とても面倒です。

美容室で染めてもらうと時間やお金がかかりますし、 自宅で染めるにしても、まずは膨大な中から製品を選ばなくてはなりません。

利用時にも周りを汚さないように気を使ったり、 髪に薬剤を塗布したらしばらく時間をおかないといけないなど、手間や時間がかかります。

そんな中で、手軽に行えると話題なのが白髪用のシャンプー。
毎日の入浴時に専用のシャンプーを利用することで、白髪を目立たなくできるというものです。

白髪染めやヘアカラーのように、一度で白髪を黒く染めてしまうようなものではありませんが、 入浴時にシャンプーをするだけで徐々に白髪を目立たなくできるなんて、とても手軽ですよね。

刺激の強い成分を配合した白髪染めやヘアカラーのように、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまうことがないという点も魅力です。

しかしメリットがある反面、デメリットがあることも事実。
今回は、そんな長所・短所に加えて、白髪用のシャンプーで白髪を黒くするコツと、おすすめの製品をご紹介したいと思います。



白髪用シャンプーの長所と短所

先にも述べた通り、白髪用のシャンプーの長所は、なんといっても使い心地が穏やかであること。

刺激の強い白髪染めやヘアカラーなどで、白髪を染め続けることに抵抗がある方は少なくないと思いますが、 白髪用のシャンプーはいわゆるヘアマニキュアなどと同じ、半永久染毛料に分類される製品であり 一般的な白髪染めに使われているような刺激の強い成分を含んでいません。

その分、白髪に色が入りにくく落ちやすいというデメリットはあるものの、 長期で利用し続けることを考えた場合、きつい白髪染めよりも利用しやすいと思います。

ただし、白髪用のシャンプーは、使い方によっては髪に色がなかなか入らない場合もあるため、 最初は上手くいかないかもしれません。

白髪用のシャンプーを使うコツについては、次項をご覧ください。



白髪用シャンプーで白髪を黒くするコツ

白髪用のシャンプーを利用する場合に、覚えておきたい使い方のコツについてお話します。

白髪用のシャンプーは、使い方によって色の付き方に差が出やすいため、 頭に入れておくと役立つはずです。

白髪用シャンプーの泡をすぐに洗い流さない

シャンプーをする場合、濡らした髪に泡立てたシャンプーを置き、頭皮や髪をきれいに洗ったらすぐにすすぐのが普通だと思いますが、 白髪用のシャンプーを利用する場合は、泡をすぐに洗い流さないでください

単純に髪や頭皮を洗うだけなら、すぐに洗い流しても良いのですが、 そうすると髪にシャンプーの成分が触れる時間が短くなってしまうため、なかなか白髪に色が付いてくれません。

色がつかなくては、何のために白髪用のシャンプーを購入したかわかりません。
少し面倒ですが、白髪用のシャンプーを泡立て髪になじませたら、しばらくはそのまま放置しておくようにしましょう。

できれば10分以上時間をおくのが理想。
その間、歯を磨くなど他のことをするとよいでしょう。丁寧にみがけば10分なんてあっという間に経ってしまいます。

使いはじめは毎日シャンプーをする

毎日お勤めなどで外出される方だと、毎日シャンプーをするのではないかと思いますが、 一日自宅にいて汗を殆どかかないような場合だと、毎日髪を洗わないという方もいるかもしれません。

しかし、白髪用のシャンプーの使いはじめは、できるだけ毎日髪を洗うようにしてください。
シャンプーのたびに白髪に少しずつ色が入っていくため、シャンプーの利用頻度が増えれば増えるほど、白髪に色がつくのが早くなります。

ヘアカラートリートメントを併用すると効果的

白髪用のシャンプーのなかには、ペア製品として専用のリンスやトリートメントを販売しているところもあります。

もしそういったものが用意されているのなら、シャンプーと併用して利用するとよいでしょう。 髪の傷みなどを落ち着かせ、白髪の色落ちを抑えてくれます。

他の市販品を利用しても良いですが、市販のリンスやトリートメントにはシリコンが配合されている製品もあり、 そういった製品と併用すると、髪にシャンプーの色素が入り難くなってしまいます。

また、白髪用のシャンプーに、ヘアカラートリートメント(白髪に色が付く)を併用するのも効果的です。

白髪用のシャンプーは、単独の利用でも色が付くものが殆どですが、白髪用のヘアカラートリートメントを併用する事で、 白髪を早く目立たなくするとともに色落ちを抑えてくれます。

両方揃えるとなると少々コストがはかかりますが、美容室などで白髪を染めるよりは全然安いです。 もし予算に余裕があるのならやってみてください。

白髪が目立たなくなっても使い続けること

白髪用のシャンプーで白髪を目立たなくできたとしても、しばらく製品を利用しなければ色は褪せてきます。

使い心地が優しい分、色落ちしやすいのです。
白髪に色が入った状態を維持したいのなら、途中でシャンプーを使うのをやめないでください。

使い続けることで、理想的な色を維持できるはずです。



白髪に色がつかない・・しかしまだ諦めるのは早い

白髪用のシャンプーを使ってみたけれど、白髪に中々色が入らない。
そんな声をよく聞きます。

かと思えば、白髪用のシャンプーで白髪が目立たなくなったという声も。
前者と後者の違いは一体何なのでしょうか?

もしあなたが、少し前に美容室などでパーマやヘアカラーを施術したのだとしたら、 しばらくの間は、白髪用のシャンプーではなかなか髪に色がつかないと思います。

ヘアカラーなどの薬剤が髪に残ったままであるため、 白髪用シャンプーの色素が入りにくくなっているのです。

もし上記のようなことに思い当たる方は、薬剤のせいで色が入りにくいのだと考え、 しばらくの間は白髪用のシャンプーを使い続けてみてください。

その際、髪に付けたシャンプーの泡を、できるだけ長めに置くようにすると良いでしょう。 ヘアカラートリートメントを併用しても良いかもしれません。

薬剤の影響がなくなってきたら、今よりもずっと色が入りやすくなるはずです。



白髪用シャンプー 何を選べばいい?

白髪用シャンプーと一口に言っても様々な製品が存在しますが、 その中でも特に使いやすく、また人気の高い白髪用シャンプーを何点かご紹介いたします。

なお、白髪用シャンプーの中には仕上がりの色を選べる製品もあります。
明るめの髪色が好きな方はブラウン系、地毛が黒い方はブラック系のカラーを選択してください。

黒髪を明るくすることはできませんので、地毛の色が黒っぽい人は、あまり明るい色は選ばないようにしましょう。 白髪だけが茶色くなってしまい、いかにも染めているという感じになってしまいます。

ただし、ブラック系は重い色味に仕上がる事が多いです。
一般的な日本人の髪色でしたら、暗めのブラウン・・・ダークブラウンくらいの色味が適当だと思います。


白髪染めシャンプー&ヘアパック 黒耀

11年のロングセラーを誇る、白髪染めシャンプー黒耀シリーズ。
100%天然成分で出来た、無添加、無着色、無香料の白髪用シャンプーです。

草木染めに使われる、シャリンバイの成分によって白髪を目立たなくします。
ジアミンなどの化学系の染毛剤は一切使用していません。

天然成分による染毛料であるため、色がしっかり入るまでにはやや時間がかかりますが、 使い心地の優しい白髪用シャンプーをお探しの方におすすめの製品です。

黒耀ヘアパックとの併用が効果的。


白髪染めシャンプー「螺髪」

ヘナとヘマテイン(天然植物色素)を使用した、白髪用のシャンプー。

ヘナはご存知の方も多いと思います。
ヘナのみの利用だと茶色~オレンジ色に仕上がってしまいますが、 マメ科の植物色素であるヘマテインが、髪に含まれる成分と結合することで、黒い色素をつくりだします。

もちろん、ジミアン系酸化染毛剤を含んでいません。

髪質にもよりますが、通常、1週間~1ヶ月くらいで白髪が目立たなくなります。
あとこのシャンプーは、螺髪輝ヘアパックとセットで利用する必要があるため、ご注意ください。



白髪用シャンプーは、白髪を手軽に染めたい方にはとても便利な製品です。
一度この手軽さを覚えてしまうと、他の白髪染めが面倒で使えなくなります。

すぐに染めなくてはいけないなんて方には向きませんが、 特にお急ぎではない方、また白髪は気になるけれど自分で染めるのが面倒・・などという方におすすめです。




Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報