白髪染めが安い店はなぜ安い?高いお店との違いは?

最近、カットやカラーがとても安く行えるお店が増えました。

もちろんカットやカラーだけではなく、例えば白髪染めだとシャンプーやブロー込みで3000円もしないなど、驚くほどの価格で提供しているお店もあります。

消費者にとって安いのは嬉しいことですが、なぜこれほどまでに安くできるのでしょうか。高いお店との違いは何なのでしょう?



「安い白髪染め」は手間がかからない染め方をしていることが多い

白髪染めに使われる薬剤やメニュー内容は美容室によっても異なる為、一概にこうとは言えませんが、 安く提供されている白髪染めと一般価格で提供されている白髪染めの大きな違いは、利用する薬剤にあるといえます。

といっても、使う薬剤が大きく異なるというわけではなく、 安く提供されている美容室の方が、手間がかかりにくい方法を採用していることが多いです。

例えば、生えてきた根元の白髪はリタッチで対応できますが、 一度染めた毛先も時間が経つごとにだんだんと色が抜けてくるため、 何度かに1回は全体染めをしなおすと思います。

その全体染めをしなおす場合に、高めの価格でメニューを提供している美容室であれば、 根元に塗る薬剤とは別に毛先に塗る薬剤を用意しますが、 安く白髪染めを提供しているお店では、薬剤を1つしか用意しません。
安いお店 ・・ 1種類の薬剤で染める
一般価格のお店 ・・ 2種類の薬剤で染める

なぜ、2種類の薬剤を用意するのでしょうか?

髪を染める場合、まずは髪の色素を抜いてから目的の色を入れていきますが、 色素を抜く工程は髪をとても傷めます。

全体染めをしなおす場合に、その薬剤で根元から毛先までを染めてしまうと、 毛先の方は2重に色素を抜いてしまうことになるため、さらに傷みが激しくなります。

そのため根元とは別に、髪に色を入れるだけの薬剤を毛先用に用意するのです。

しかし安くメニューを提供しているお店では、そこまで薬剤や手間などのコストをかけられません。 そこで、1種類の薬剤で根元から毛先までを染めなおしてしまいます。

毛先の傷みは激しくなりますが、全体染めをしなおすという目的は達成できるため、 問題はないというわけです。



トリートメントなどのケア内容が異なる

美容室によっては、最低限のトリートメントのケアが白髪染めの価格に含まれている事があります。

薬剤を髪に塗る前に、髪を保護するトリートメント剤を髪に塗布する事によって、 傷みを最小限に抑えることができます。

もちろん、オプションでさらに高級なトリートメントを追加できるお店も多いです。

しかし、白髪染めを安く行えるお店では、デフォルトではそのようなケア剤が付いていません。 だからこそ、驚異的な低価格を実現できるのです。

オプションでトリートメントを追加できる所もありますが、 追加すると結局それなりの価格になってしまうのですよね。

トリートメントで差が出るの?と思われる方もおられるかもしれませんが、 使用するトリートメントによって仕上がりは大きく異なります。

価格が高いトリートメントほど傷みが目立たなくなりますし、 トリートメントの種類によっては効果が長持ちするものもありますから、 白髪染めの傷みが気になる方はトリートメントも同時に行ってもらうと良いでしょう。

コストが気になる場合は、自宅用のトリートメント剤を併用するだけでも全然違ってきます。

自宅用のトリートメントは、バスタイムに利用するクリームタイプの製品がメジャーですが、 洗い流さないタイプのトリートメント(オイルなど)も人気です。

使うのと使わないのとでは、髪の傷み具合が大きく異なってくるため、 頻繁な髪染めで傷みが気になる方は、日常のケアに取り入れてみると良いでしょう。
BIHAR by MODE K's

サロン専売のシャンプー&トリートメント「ビハール」。
3日間のお試しセットがあります。
リピアミューズ パーフェクトヘアオイル

洗い流さないタイプのヘアトリートメントオイル。
オイルとはいってもサラッとしています。

特に毛先がパサパサ・・という方におすすめです。



傷みが気になる でも白髪染めはやめられない

髪や頭皮の傷みは気になるものの、白髪染めをやめるのはムリ・・なんてお悩みの方は、 ヘアカラートリートメントを試してみてはいかがでしょうか?

ここでいうヘアカラートリートメントとは、自宅で利用するタイプの白髪ケアアイテムですが、 一般的な白髪染めとは異なり、髪や頭皮に強い刺激となる成分が使われていません。

穏やかな使い心地でありながら、白髪を色づかせることができるため、 これまでずっと白髪染めを使い続けていた方の間でも、人気が高まっています。

普通の白髪染めのように色づきや色持ちが良くないため、頻繁に利用しなくてはいけないという欠点がありますが、 お風呂などでトリートメントと同じように利用できる製品も多く、多くの方が想像するほど手間がかからないのが魅力。

価格も比較的リーズナブルで続けやすいと思います。
白髪染めをやめたいと思っているけどやめられないという方は、是非チェックしてみてください。



関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報