染めるほどでもない量の白髪 どうする?

白髪染めする程ではないけれど、無視はできない少量の白髪、どうしていますか?

白髪があっても構わない、気にしないのならばともかく、白髪があることを周りの人達に知られたくない場合、どうやって隠すか悩みますよね?

悩むなら染めてしまえばよいのですが、白髪染めは髪が傷みます。
ほんの少しの白髪のために、髪にダメージを与えてしまうのというのは、なんとなくためらわれます。

一体、どうすればよいのでしょうか?



ほんの少量なら根元からカットする 抜くのはダメ

白髪が生えているのが数本と少ないのであれば、根元からカットするのがベストな方法だといえるでしょう。

抜いてしまうという方も少なくないようですが、抜くのはNG。
白髪を抜くとさらに白髪が増えるから・・というような迷信的な理由からではなく、抜くと抜け毛の原因になる恐れがあるからです。

完全に根元からカットしなくても、根元に近い場所からカットすれば黒髪に埋もれて目立たなくなります。

抜くよりも手間がかかりますが、将来脱毛で泣かないためにも、白髪が少ないうちはカットで対応しましょう。



白髪隠しを利用する

白髪がまだ少ないのであれば、白髪隠しを利用してみてはいかがでしょうか?

白髪隠しとは、一時染めとも呼ばれる白髪染めの1種。
白髪を染料で黒く色づかせることで、一時的に白髪を目立たなくするためのアイテムです。

形状は様々ですが、ペンタイプやファンデーションタイプの製品がほとんど。

お出かけ前などにサッと使えるため、ふと白髪に気づいたときに利用したり、 普段白髪染めを行っている方の根元のリタッチにも便利です。

白髪隠しには大きく分けて、シャンプーで完全に色を落とせるものと、 ヘアカラートリートメントのように少しずつ白髪を着色していくタイプの2種があります。

特に理由がないのなら、少しずつ着色していくタイプが便利だと思います。

いずれの製品も、一般的な白髪染めのように強い刺激を持つ成分が使われていないため、 白髪染めで髪を傷めたくない・・という方におすすめです。



傷むのが嫌ならヘナかトリートメントタイプのヘアカラーを

白髪染めで髪を傷めるのは嫌。
でも白髪を根元からカットしたり、毎回白髪隠しで目立たないようにするのは面倒・・。

なんて方は、ヘナやヘアカラートリートメントのような、 刺激の強い成分を含まないアイテムでも髪染めが向いているかもしれません。

ヘナは天然の原材料を使用した白髪染め、 またヘアカラートリートメントは、一般的な白髪染めに含まれるようなジアミンなどの染料を 含まないナチュラルなヘアカラー。

いずれも色持ちはあまりよくありませんが、髪や頭皮への使いごこちが優しいため頻繁に利用できること、 またトリートメント効果を持たせたものも多く、別途トリートメントを使用する必要がないという点も魅力。

現在、すでに白髪染めを行っているという方の間でも人気が高まってきています。

ヘナやヘアカラートリートメントを利用すれば、少量の白髪もきれいに隠せますし、 今後白髪が増えた場合でも、そのままヘナやヘアカラートリートメントで染め続けられます。

白髪は増える事はあっても、減る事は滅多にないという点を考えると、 悪くない選択肢なのではないでしょうか?



白髪の部分だけ、泡や液体タイプの白髪染めを利用する

前述した方法はちょっと・・というのなら、白髪の部分だけ泡や液体タイプの白髪染めを利用するという手もあります。

ここでいう白髪染めとは、以下のような2剤式の一般的な白髪染めです。
塗布した部分の髪にはダメージを与えてしまいますが、このタイプの白髪染めは染まりがはやいこと、 また色持ちしやすいというメリットがあります。

まだ白髪が生えているのが2~3か所程度であるのなら、部分染めも難しくはないでしょう。

使い方の目安としては、ゴム手袋をはめた手に白髪染めの薬剤を取り、 白髪部分のみに付くように髪をなぜるようにすれば、上手く塗布できます。

白髪をしっかり染めるため、やや多めに塗布するようにしてください。

注意点は、使いはじめる前にパッチテストを行うこと、 薬剤が残っても保存できるものを選ぶことと、自分の髪色に合ったカラーを選ぶこと。

特にカラーに関しては、髪色に合ったものを選ばないと地毛との色が異なってしまい、逆に目立たせる恐れがあります。

メッシュ風と言えるかもしれませんが、素人の方が上手くメッシュをいれられるとは思えないため、 髪色に合った色を選ぶようにしましょう。



まとめ

無難で手間がなく、髪や頭皮へダメージを与える心配がないのは、根元からカットするか、 ヘアカラートリートメントを利用するかでしょう。

ヘアカラートリートメントはお風呂で利用できるものを使えば、 髪のトリートメントを行っているのと変わらない感覚で白髪染めが行えるため、頻繁な利用も苦になりません。



関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報