白髪用ヘアカラートリートメントを使うメリットと、おすすめの製品をご紹介

白髪が目立ってきた、でも髪や地肌を傷める白髪染めは使いたくない。 そんな方におすすめなのが、ジアミンなどのきつい薬剤を使わないヘアマニキュアやヘアカラートリートメント。

いわゆる、化粧品に分類される染毛料です。

染毛料は色付きが悪いというイメージがありますが、最近はそういった色付きの悪さも改善され、 簡単に仕上げられる製品が増えました。

また製品のタイプも、シャンプー、トリートメント、ヘアマニキュアなど非常に充実しており、 自分のライフスタイルに合わせた使い方ができるようになっています。

その中でも特に、仕上がりの良さでお勧めなのがヘアカラートリートメントです。
染毛料の中でも特に種類が多く、なにより白髪の色づきが早いため、これまでに白髪を染めたことがないという方にもおすすめ。

価格が手ごろで続けやすいという点も魅力です。



ヘアカラートリートメントの長所は?

ヘアカラートリートメントの長所は、何といってもその種類の豊富さだといえるでしょう。 大半の製品はお風呂で利用できるため、周りを汚す心配がありません。
【ヘアカラートリートメントの長所】

・シャンプータイプよりも色が入りやすい
・トリートメント効果が得られる
・素手で使える
・種類や色が豊富
・価格が安い
お風呂で使えるカラーリング製品には、シャンプータイプも存在しますが、 ヘアカラートリートメントは、シャンプーよりも早く 白髪に色が入りやすいという特徴があります。

といっても1回で完全に白髪がわからなくなるわけではありませんが、できるだけ早く白髪を目立たなくしたいという方には、 ヘアカラートリートメントの方が適していると言えるでしょう。

あと、トリートメント効果が得られるという点もヘアカラートリートメントの長所です。

大抵のヘアカラートリートメントには、白髪を着色する染毛料の他、いくつかのトリートメント成分を配合されており、 白髪に色を付けるだけではなく、手触り良く仕上げてくれます。

通常のトリートメントと、同じような使い心地だと考えると良いでしょう。

さらに、素手で使えるという点も魅力。

製品により含まれる成分が異なるため、一概に大丈夫だとは言えませんが、ほとんどの製品には刺激のあるきつい成分が使用されていないため、 素手で触っても問題ありませんし、実際に素手で使えることを謳った製品は少なくありません。

成分によっては、爪などがうっすら染まってしまうことがあるため、個人的には沢山量を使う場合にはビニール手袋などを使用した方が良いと思いますが、 根元の白髪だけリタッチしたい…なんてときに、手でささっと塗ることができるのはとても手軽です。

何より価格が安いこと、また種類や色が豊富に提供されており、 好みのタイプを選択しやすいところも良いですね。



ヘアカラートリートメントに短所はある?

良いところが沢山あるヘアカラートリートメントですが、もちろん短所もあります。 それは、やや時間がかかることです。

シャンプータイプのカラーリング製品だと、普通にシャンプーするだけでOKだと言われますが、 ヘアカラートリートメントは髪に塗布してから最低でも5分、長ければ10分~15分程度おく必要があるため、待つのが苦手な方には向きません。

とはいえ、刺激の強い薬剤を含まない白髪用の製品は、ある程度の放置時間が必要なものがほとんどであり、 すぐに色がつくような製品はまずありません。

シャンプータイプのカラーリング製品はどうなの?と思われた方もおられるかもしれませんが、 泡で洗ってすぐにすすぐような使い方だと、色が付くまでにかなり時間がかかります。

結局、白髪に色をしっかりと入れようと思うのなら、シャンプーであっても泡を髪に置いたまましばらく放置しなくてはならないため、 ヘアカラートリートメントと比較して使いやすいかというと、そんなことはありません。

髪に塗布してから20分、30分もおかなければならなというのなら、お風呂での利用は難しいと思いますが、 10分程度の放置時間なら、トリートメントをしているような感覚で使えるのではないでしょうか。



同様の製品の中でも、特にコストパフォーマンスが高い

ヘアカラートリートメントは価格が安いと述べましたが、製品の価格だけを見ると、 シャンプータイプの製品やヘアマニキュアなどと比較して特別安いわけではありません。

ただ、1つ購入するとしばらくの間利用できます。
通常、使い始めは連続して 使わなくてはいけないことがほとんどですが、 ある程度白髪に色がついたら、1週間や2週間に1度程度の利用で済むため、人によっては1本でかなり持ちます。

一方で、ヘアマニキュアは一度の利用で大半を使い切ってしまうことがほとんどですし、 シャンプーは毎日使わなくてはいけません。

持ちを比較した場合、ヘアカラートリートメントが最もコストパフォーマンスに優れているのです。



ヘアカラートリートメント おすすめの製品は?

ヘアカラートリートメントは、非常に種類が多いです。
好みの製品を選べるのは良いですが、何を選んだら良いかわからないという方も少なくないでしょう。

ここでは、最近のヘアカラートリートメントの中でも特に人気の高い製品を、何点かご紹介いたします。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、 ジアミンやパラベン、酸化剤、鉱物油などを一切使用しない、無添加のヘアカラートリートメント。

サスティが販売する、利尻ヘアカラーシリーズの製品です。
人気製品であるため、名前を聞いたことがあるという方も少なくはないでしょう。

ヘアマニキュアに分類される製品で、白髪の表面を少しづつ着色していきます。

白髪を着色する天然由来の染毛料の他、利尻昆布をはじめとする植物由来のトリートメント成分が配合されており、 仕上がりが良いのが特長。2017年1月現在、4カラーがラインアップされており、髪色にあった色を選べます。

同シリーズのシャンプーも販売されていますが、ヘアカラートリートメントの方が色づきやすくおすすめ。 髪が太く白髪に色が入りにくいという方は、ダブル使いしても良いと思います。

本製品の利用が初めての方のみ、割引価格での購入が可能です。


グローイングショット カラートリートメント

ポーラが販売する、白髪用のヘアカラートリートメント。
白髪を目立たなくすることはもちろんですが、 特に40代以降の女性に多く見られる、ハリやコシなどといった髪の悩みをサポートする製品です。

ヘアカラートリートメントの中でも特に色づきが早く、髪の細い方なら1回5分程度の放置時間で白髪が色づきます。

もちろん、ジアミン系の染料は不使用。
セラミドやアミノ酸をはじめ、黒米エキスや3種類のコラーゲンなどの成分が配合されており、 トリートメント代わりにもおすすめです。


レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

刺激の強い化学成分を一切使用しない、素手でも利用できるヘアカラートリートメント。 染毛料に天然クチナシ色素を配合し、使うごとに白髪を目立たなくします。

10種の天然成分に加え、ドイツファンゴと呼ばれる泥をはじめとする7種のヘッドスパ成分を配合するなど、 まさにヘッドスパクリームのような製品です。

白髪染めを彷彿とさせない、明るい色味のボトルも良いですね。

カラーは全5色。
異なるカラーを色混ぜして利用することも可能です。

定期コースだと若干安くなるため、継続するつもりなら定期コースがおすすめです。



以上となります。
色々なタイプの製品を試し、結局ヘアカラートリートメントに落ち着くという方は多いです。

価格面、使いやすさの面で、白髪染めビギナーさんにもおすすめ。

なお、きつい白髪染めとは異なり、基本的に染毛料に分類されるヘアカラートリートメントはパッチテスト不要とされていますが、 人によっては成分が肌に合わない可能性があるため、肌が弱い方、アレルギー体質の方はパッチテストの実施をおすすめします。



関連記事


Copyright © 2017 - 白髪を染める. All Rights Reserved.  (運営者情報